矯正歯科で受けられるインビザラインのメリット
ロゴ

矯正歯科で始められるインビザラインは快適に過ごせる

インビザラインとは

インビザラインはマウスピース型矯正歯科装置とも呼ばれ、患者の歯列に合わせた透明なケースで歯列矯正を行う矯正方法です。近年、知名度が高まってきています。

ワイヤー矯正とインビザラインの違い

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正はワイヤーを使って歯列を矯正する矯正方法です。一般的な矯正方法で他の方法と比べて安い費用で受けられる点がメリットになります。

インビザライン

インビザラインのメリットは、矯正中に目立つことがないので見た目が気になる人でも気軽に受けられる点です。治療期間は他の矯正治療とほとんど変わりません。

矯正歯科で受けられるインビザラインのメリット

口

透明で目立たない

富山でも利用者が増えているインビザラインは、透明で目立たないことがメリットの1つになります。今までの歯列矯正は、歯を見せるときに矯正器具が見えてしまっていましたが、インビザラインはケースが透明なので矯正中に歯を見せても目立ちません。まるで矯正していないかのような見た目を保つことができます。

取り外しができる

インビザラインは、自分で取り外すことが可能です。これまでの歯列矯正は、自分で取り外すことができなかったため、歯磨きがしづらかったり、食事が取りづらかったりといった欠点がありました。しかし、インビザラインなら取り外して歯磨きをすることも食事を取ることも可能です。とはいうものの、取り外しすぎると矯正の効果が薄れてしまうので取り外す回数はできるだけ少なくしましょう。

痛みや違和感が少ない

インビザラインは、約2週間周期で次のケースに取り替えていくことが基本です。ケースは毎回新しい歯並びに合わせた形になっているので、他の歯列矯正器具に比べても痛みが少ないことが特徴です。また、ケースの厚みはわずか0.5ミリ程度なのではめているときの違和感も少ないという特徴があります。

広告募集中